2020年・最新キャンペーン情報はこちら >>

ボニックプロはアトピー肌でも使えるの?

お悩み別

ボニックプロは、お肌に刺激があったりジェルも塗るので、アトピー肌でも使って大丈夫なのか気になりますよね。

お肌の状態によってアトピー肌の人でも、ボニックプロは使えますよ

ただし、安全に使うためには、まず医師に相談してみましょう。

注意点を守れば、アトピー肌でもボニックプロで理想のボディが目指せます

ボニックプロを購入する前に

公式通販サイトでは、下記のように注意書きがされています。

次のような方は、必ず医師にご相談の上ご使用ください。

皮膚に異常がある人(アトピー性皮膚炎の人・アレルギー体質で特にお肌が敏感な人・化粧品による皮膚炎を起こしている人・過度の日焼けで肌がヒリヒリし、炎症を起こしている人・ニキビが化膿し《黄ニキビ》、炎症を起こしている人・かゆみやほてりのあるシミや病的な《内蔵疾患による》シミのある人)

アトピーがあると、使ってはいけないということではなくて、使う前には必ず医師に相談してくださいということです。

自分では判断が難しいし、買ってから「やっぱり大丈夫かな…」と不安に思ったり、状態が悪化することは避けたいですよね。

皮膚の状態や症状によれば、使っても良いと判断してもらえるかもしれません。

実際に、アトピー肌でもボニックプロを使っている人はいるので、まずは医師に確認してみましょう。

医師に相談するときには、ボニックプロ本体の機能(RF・キャビテーション・EMS)が大丈夫かということと、使用するジェルについても聞いてみてください。

ジェルの成分が分かるものも、持っていけたら良いと思います。

ジェルの成分はこちら

ボニック プレミアムリフトジェル 水、BG、グリセリン、アクリレーツコポリマー、カラスムギ穀粒エキス、ヤシ油、水酸化レシチン、アルニカ花エキス、レモングラス葉/茎エキス、グリチルリチン酸2K、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、レスペデザエキス、ウルバラクツカエキス、コンブレタムミクランサム葉エキス、グリチルリチン酸アンモニウム、コハク酸2Na、ナイアシンアミド、トレオニン、PG、グラウシン、シア脂、アルガニアスピノサ核油、カフェイン、リン酸アスコルビルMg、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、ローマカミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、カミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス、フユボダイジュ花エキス、クララ根エキス、チャ葉エキス、マグワ根皮エキス、ベニバナ花エキス、ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1、レシチン、ダイズ油、リン酸Na、パルミチン酸カルニチン、カプリリルグリコール、ヤシ油アルキルグルコシド、エタノール、エチルヘキシルグリセリン、デヒドロ酢酸Na、塩化Na、水酸化K、メチルパラベン、カルボマー、キサンタンガム、フェノキシエタノール、クエン酸、香料
ボニック スキニーホットジェル 水、BG、グリセリン、水溶性コラーゲン、アボカド油、オリーブ果実油、カフェイン、トウガラシ果実エキス、ショウガ根エキス、ローヤルゼリーエキス、カカオ種子エキス、イチゴ種子エキス、ザクロ果実エキス、レモングラス葉/茎エキス、ヤエヤマアオキ果汁、アリストテリアチレンシス果実エキス、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、フェノキシエタノール、スクワラン、水酸化K、バニリルブチル、カプリリルグリコール、トコフェロール、エタノール、香料

ボニックプロを使う前に必ずすること

ジェルは、必ずパッチテストを行って異常がないか確認してから使ってくださいね。

めんどくさくても、大事なお肌を守るためには必要なことです。

パッチテストのやり方

  1. 1. 二の腕の内側に10円大にジェルを塗ります。
  2. 2. 30分後に塗った部分に赤み・かゆみ等の異常がないか確認し、異常がなければ1日~2日そのまま様子をみます。

テストをして、特にお肌に変化がなければジェルによるトラブルは起こりにくいと思われます。

しかし、体調や環境の変化で合わなくなる場合もあるので、その時はすぐ使うのをやめてくださいね。

お肌はデリケートなので、毎回様子をみてあげてください。

アトピー肌の人のボニックプロの使い方

ボニックプロを使っても良いと医師に判断してもらっても、使う部位は気を付けてくださいね。

医師にどういった部分を避けた方がいいか、事前に聞いておきましょう。

ひっかき傷やじゅくじゅく傷など、傷があるところは避けてください。

アトピー肌の人は、肌が薄くなっていて痛みを感じやすい場合が多いので、「弱レベル」ではじめてくださいね。

【まとめ】アトピー肌の人は医師と相談してから使いましょう

アトピーだから…と、きれいになれる可能性をあきらめないで!

使うのが心配であれば、迷わず医師に相談しましょう。

アトピー肌の人でも、医師からNGが出なければボニックプロを使っても大丈夫ですよ。

  • 医師から受けた注意点は守る
  • パッチテストで問題がないか必ず確認する
  • 傷のある部位は避ける
  • 「弱レベル」から使い始める

このようなことをきちんと守れば、アトピー肌の人でもボニックプロを使っていけそうです。

デリケートなお肌をケアしながら、ボニックプロで理想のボディを手に入れましょう。

ボニックプロ本体が77%OFFで購入できるサイトはこちら▼

いますぐボニックプロ《公式》をチェック!